アルバイト仲間を作るならオープニングスタッフ

初めての
アルバイト探し

仲間を作るならオープニングスタッフ!

アルバイトを探すときの選択肢に「オープニングスタッフ」を入れてみてはいかがでしょうか。横並びでスタートするので上下関係が少ないというメリットがありますし、お店をオープンする日のドキドキを体験することもできます。そしてかけがえのない仲間を作りたいという志望動機の人にぴったりのアルバイトだと思います。

上下関係がない

オープニングスタッフはお店が開店する前に一斉に募集をかけられて準備段階からアルバイトが始まります。そのため、みんな横一線のスタートなので先輩後輩がなく、上下関係もありません。だからとっても気分が楽です。全員が未経験のアルバイトなら、自分が未経験でもその輪に入っていきやすいので、これから初めてアルバイトをしてみたいという人に向いていると思います。

オープンのドキドキ感

「あの日の事は忘れられないね」オープニングスタッフの経験者が振り返る日があります。それがお店のオープンの日です。アルバイトはもちろんオーナーや社員にとっても運命の日ですからドキドキするのも当たり前です。そして自分たちの振る舞いやサービス内容がこのお店の運命を決めてしまうかもしれないと思うと緊張もしますし力も入ります。それでもその日を何とかこなし、その後お店が軌道に乗っていくのを見届けるとなんとも言えない充実感を感じることができるでしょう。そして冒頭のセリフをオープニングスタッフ同士で言いながらその日の感動を振り返るのです。貴重な経験をしたい志望動機の人におすすめです。

素晴らしい友達

上下関係がなく、ずっと仲良くお店を立ち上げる前から働いてきたアルバイトの仲間たち。そして運命のお店のオープンの日も共に過ごしてきた「戦友」でもある仲間たち。オープン後も「どんな店かな」と一度確認するためにお店を訪れるお客さんが多く忙しい上に、まだ段取りが定まっていないため試行錯誤が当たり前の毎日を過ごします。
頼れる先輩もいないのでお互いが助け合って頑張るしかありません。そんなオープニングスタッフが卒業をし、ひとり減って、新しいスタッフが入ってくる。どんどんオープニングスタッフの割合は減っていき、いつしか普通のお店のアルバイトと同じようになってきます。自分は「頼れる先輩」になり、後輩を指導するようになります。でも残っているオープニングスタッフはかけがえのない素晴らしい友達になります。卒業したオープニングスタッフとも会えば懐かしいオープンの日の話で盛り上がることができます。
素晴らしい友達ができるオープニングスタッフの仕事は、学生生活とはまた別の素晴らしい体験になるかもしれません。