将来に役立つアルバイトを探して、就活を有利に!

初めての
アルバイト探し

就活を見据えたアピールポイント作り

アルバイト体験が就職活動に有利に働く場合があります。それは企業面接で質問をされた時、または身につけた特別なスキルが就職先で役に立つ場合だといわれています。今回は「就活の準備」という志望動機で探す方法を紹介します。

役に立つアルバイト経験

就職活動を始め面接にのぞむときにアルバイト経験を面接官から聞かれることがあります。この時に「アルバイトをしていてよかった」と思って漠然と自分のしたアルバイト経験を語り「これで内定が近づいた」と思う学生がいるかもしれません。しかしそれは勘違いです。ただ経験をしたからといって就職に有利になるわけではありません。
面接官が経験を聞く時にはその質問の答えから「この学生はどういう人間性を持っているか」を判断しようとしているのです。そのため学生がこの質問を受けたときは「何を考えながら働いていたのか」「どんな仕事へのアプローチの仕方をしていたのか」「何を達成したのか」などを筋立てて話す必要があります。この答えがきちんと出来ていた時に「社会人になる準備が出来ている」「仕事をするという事に理解がありそうだ」と面接官に判断され、内定に近づきます。
珍しいアルバイトを経験していたとか、4年間ずっと同じアルバイトを続けていたというようなアピールはあまり意味がないということになります。あくまでアルバイトを通じてあなたの人間性が見られているということを意識しましょう。

マニュアル教育は有利

基本的にアルバイト経験を面接で聞かれる時に、どんな職種で仕事をしていたかについて面接官は注目していません。先述したように、どんなものであれどう仕事にアプローチしていたかが重要だからです。
しかし例外的にアルバイトが就職に有利になることもあるといいます。それがマニュアル教育が充実している勤務先です。しっかりとしたマニュアル教育を受けることにより、企業で仕事をするというマインドを育成されていると判断されます。学生時代に企業で働くのと、さほど変わらないレベルで成功失敗の体験を繰り返してきているという経験値の高さが就職先の評価になる場合があるということです。
編集者希望者が編集部でアルバイトをする、法律事務所で働きたい人が法律事務所でアルバイトをすると就職に有利になることがあります。働きぶりがそのまま評価され、卒業後そのまま就職できることがあるからです。アルバイトが長期の試用期間の代わりを果たす場合です。特別なスキルが必要な仕事ほど、一から仕事を教える手間も省けるため昇格という形で就職につながる可能性が高いようです。