志望動機をしっかりと整理して面接に備えよう!

初めての
アルバイト探し

面接対策はしっかり準備しよう

アルバイト先を決めて応募すると、たいていは面接をすることになります。アルバイトとはいえ就職活動だと思って、きちんと準備をして面接に臨みましょう。面接で大切なのはテクニックよりも熱意を示すことです。本当にここで働きたいという真剣さが感じられるように、服装や態度、志望動機で示しましょう。

気を付ける事

まず応募すると、面接の日時が決まります。面接はだいたいアルバイトの勤務先で行われることが多いです。面接の日まで準備を済ませておきましょう。
まず接客業などで清潔感が問われる仕事の場合は、散髪をしておく、小奇麗な服を用意しておくようにしましょう。服に関しては特別新しく買いそろえる必要はありませんが、ボロボロのジーパンなどは避けるようにします。清潔感が出るように洗濯をしてアイロンをかけるなどの気配りも大切です。
倉庫内の単純作業などの場合は服装や髪形で採用の有無が決まることはありませんが、きちんとした人間かどうかは服装や髪型で判断されるので、気を付けるに越したことはありません。そして面接の日に遅刻すると不採用になってしまう可能性が高くなりますので、面接先の場所を把握しておくようにしましょう。地図アプリなどで確認しておくか、不安な場合は一度面接場所に行っておくといいでしょう。

緊張しても大丈夫

就職活動と同じだと思って頑張るほうがよいのですが、アルバイトの場合はそれほど構える必要はありません。採用側も学生がまだ社会に出て働いた経験がないことを知っています。きちんとした敬語が使えなくてもそれで不採用ということはありません。基本的には、本人のやる気と、人柄を重視して採用されます。
アルバイトの日にちゃんと時間通りに来て、勤務時間中頑張れる子かどうかを面接でチェックしようとします。飲食店など大きな声で挨拶ができることが必要な仕事の場合は元気で明るい性格の学生を採用したいと思うはずです。自分が持っている元気をすべて出して面接に臨みましょう。

「ジョイジョブ」を参考に

情報サイト「ジョイジョブ」に面接の実際の流れを詳しく解説しているページがあります。面接の当日の様子を面接前から面接が終わった直後まで時系列で描いており、イメージしやすい内容になっていますので目を通しておくと参考になると思います。「よくある質問コーナー」を読めば、自分が面接に対して疑問に思っていたことを解決することができるかもしれません。

面接必勝法や自己PRの仕方など具体的な面接を成功させる方法について言及されています。

webサイトを見る